2014年09月24日

山本のブログ



雨の多かった夏が終わり、すっかり秋っぽくなってきました。

秋といえばスポーツの秋、読書の秋等、色々とありますが、

秋になると、一気にハロウィンムードになりますね。





ハロウィンといえは、関西が誇るテーマパーク、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)で

今月12日から『ハロウィーン・ホラー・ナイト』が始まりました。



画像1.png








毎年人気の、『ハロウィーン・ホラー・ナイト』。



今年は、『ストリートゾンビ』、『ダークレストラン』、『貞子』、『13日の金曜日』、『バイオハザード』に加えて『CHUCKY’S』と『呪怨』が加わり

さらに恐怖がパワーアップなのだとか。



先日、中学生の娘が友達と遊びに行っていたのですが、本気で怖かったらしく大号泣したとのこと。





画像2.png








ホラー好きの方、お化け屋敷好きの方は、もうすでに行っているかもしれませんが、

そうでない方も、キャーキャー叫んでストレス発散できるかもしれません!





こちらのUSJ、今年7月に世界に先駆けてハリーポッターの世界を忠実に再現した

『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』がオープンしました。



その影響もあって8月の入場者数が単月として過去最高の133万人にのぼり、

これまでの最高だった開業年の2001年8月の132万人を上回ったとのこと。





画像3.png



今、とっても熱いUSJ!

もう何度も行ったという方も多いかと思いますが、今年はまた新たな楽しみがありそうです。

興味のある方は、ぜひ行ってみてください!!





今回更新日は、平成26年9月24日
次回予定日は、平成26年11月26日





posted by YORKBELLスタッフ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフブログ

2014年09月17日

坪茶のブログ



初めまして、坪茶と申します。
文章を書くのが苦手で、こうしたブログを書くのも初めてです。

『何かテーマを決めて』との事ですが、
今回は過去の同僚でおもしろい人物がいたのを思い出したので、そのことを書いてみたいと思います。



私がM電工で営繕工事を担当していた時に、O君という同僚がいました。
O君は両親が高齢になってからの子供でしたので、
少し甘やかされて育ったことも影響してたいたのかもしれませんが、なにかと周りの人に物を借ります。


打ち合わせに行っても同じで、打ち合わせだというのに筆記用具も持たずに出席し、いつもその先々で筆記具を借りていました。
ただ、それが毎回のことなので、いい加減相手側も貸してくれなくなりました。

困ったO君は、他の打ち合わせ中だった私の所にまで借りに来たので、ペンとノートを1枚破って渡しました。
打ち合わせに戻ったO君ですが、ノートが足りなかったらしく、両面を埋め尽くすと、上下をひっくり返して行間に書いていきました。

それでも足りなかったらしく、
挙句の果てに、手のひらや作業服にまで書くような、変わった性格でした。



そんなO君でしたが、将棋やマージャンなどをさせると才能を発揮し、それを見越して先輩がよくマージャンに誘っていました。

当時、28歳だったO君は、給料全てを親に渡し小遣い制だったので
「お金がない」と断ると、「金は貸してやるから」と先輩に連れら、期待通りに勝ちまくるのでした。

そんな羨むような才能を持っていたのですが、
本人はお金に興味がないのか、夜も10時位になると眠くなり、早く帰りたいがためにわざと負けるようなこともありました。


またある日の帰り道では、
空腹に耐えきれず、たこ焼きを買ってしまい、帰りのバス代がなくなってしまいました。

仕方なく徒歩で帰ることになったのですが
たこ焼きを食べながら歩いていると急に犬が追いかけてきたので、
犬が苦手なO君は走って逃げたそうですが、
そのときにほとんどのたこ焼きは落としてしまったそうです。


このように、下手したら漫画のネタの様に思えますが、全て実話です。
こんなO君ですがどこか憎めず、社内では可愛がられていました。


そして今回書いた出来事は、自分が知るO君の特異な行動のほんの一部です。

ブログを書くことがきっかけで思い出しましたが、
他にも面白い人や出来事があったので、また書いてみたいと思います。



2014-08-28 17.52.55 - コピー.jpg





今回更新日は、平成26年9月17日
次回予定日は、平成26年11月19日





posted by YORKBELLスタッフ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフブログ

2014年09月10日

瀬脇のブログ




こんにちは、今週のブログ担当は瀬脇です。


一年も早いもので、もう9月。
夏の暑さも少しは和らぎ、秋を感じる過ごしやすい季節になってきましたね。


秋と言えば、食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋。
いろいろありますが、私はやはり、映画の秋!

ということで、映画担当として、ようやく映画について書いてみたいと思います!



今回、
初の映画批評で何を書くか?と、迷っていたのですが、
広報担当の岡元より「ぜひ”モンスターズインク”を!」と。

彼は松本人志さん(以下・松ちゃん)の大ファンで、
その松ちゃんが以前、この作品に10点満点をつけていて、
大人でも、十分面白かった!との事でした。
私も、松ちゃんと同じ尼崎育ちで、親近感をもっているので、
松ちゃんが面白いと言うのなら!と早速、夏休みだった子供と一緒に見てみました。


51Sdd+JBoYL.jpg


モンスターズインク??全然タイムリーちゃうやん!
って、お思いの方もおられるかと思いますが、
実は、今年度の大ヒット作”アナ雪”と同じ総監督!なんですよ。(無理やりこじつけましたが汗)


ストーリーとしては、
人間の世界とモンスターの世界をつなぐ扉(どこでもドア的なもの)があり、
モンスターの仕事は、人間の世界で子供を怖がらせ、その悲鳴を集めてくる。
その集めた悲鳴は、モンスターの世界でエネルギーに変換出来、そのエネルギーを供給し生活していた。

そんな中、モンスターの世界に迷い込んだ人間の女の子を、
主人公のモンスターが他のモンスターにばれない様、彼女をなんとか人間の世界に戻そうと奮闘する。



モンスターが子供を怖がらせるってストーリーはよくあると思うんですが、
この世界では「人間の子供は危険」とされており、怖がらせるのが仕事であるモンスター達は、同時に子供達を恐れてもいる。って設定なんですよね。


私のイメージ的には”モンスターに見つかると食べられる”と思ってましたが、モンスターが女の子を助けるというところが、今までに観たことがなかったので新感覚で、まるで子供を可愛がる親の感覚。


無事に人間の世界に戻した後は後でストーリーがあり、
モンスターの務めていた会社の社長が変わり、”怖がらせる”仕事から、”笑わせる”仕事に方針が変わります。


モンスターがサラリーマンってのも面白いですが、
エネルギーの作り方が”怖がらせる”から、”笑わせる”に変わる、発想も面白かったです。

何か一つ”負”から”正”に変わると、世界がガラッと変わって、いい方向に流れていく。
そんな気づきが出来る映画でした。

20130226173617.jpg



しかし、なぜ松ちゃんはこの映画に10点満点をつけたのか。

批評の中で、笑いが一番素敵という事をうたってくれたのがすごく嬉しかったとの事。
自分自身が必死になって考えたことを評価されるのは誰でも嬉しいことですよね。
人を笑わせることを必死になって考えてきたからこそ、その笑いというものを一番評価してくれた事が嬉しかった。
人を笑わせるという事は、人を笑顔にする、喜んでくれる事でとっても素敵な事。

松ちゃん自身が、人が笑顔になって喜んでくれることが、一番素敵と思っているかはわかりませんが、
私は人が喜んでくれるような家造りを出来れば、そこに笑顔が生まれるからほんま素敵やんって思います。




2001年公開の映画なので、観たことがある人も多いと思いますが、

天気の読みにくい秋。
予定が雨で中止になったら”映画で秋を楽しむ!”というのも良いでんはないでしょうか?

秋を満喫するきっかけになれば幸いです。





今回更新日は、平成26年9月10日
次回予定日は、平成26年11月12日





posted by YORKBELLスタッフ at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフブログ

2014年09月03日

事務員ブログ


えっ?もう?また?早いんじゃね??と、わたわたしながら始まりました。


そうなのです。
ブログメンバーが増え、順番に若干変更があった模様です。

別の方を楽しみにされていた方、
今回は諦めてお付き合い下さい。為になりますから!!

と図々しくも事務員のお話、スタートです。



いきなりですが、『8020運動』をご存知ですか?

これまで、食事についてお話してきましたが、その食事をする為に必要なこととは何でしょう。


まず健康な「歯」ですよね。

“80歳になっても20本以上自分の歯を保とう!”
略して『はちまるにいまる(8020)運動』です。

iiha-2.jpg


歯がなくても食べられる物もあるし、固いもの嫌いやし、
たくあんやするめ、せんべいは食べなくても平気やし、そんな20本も歯がなくても大丈夫でしょ?なんて考えていませんか??


iiha-3.jpg


「噛む」ということには、色々な効用があるのです。

歯がなければ噛めません。
噛むということと、飲み込むということは違いますから。歯がなくても大丈夫、とはいかないのですよ。確かに栄養だけは摂れますけどね。


まだまだ噛むことと健康がつながらない方は多いと思いますが、
実際に食事ができなくなると認知症が進んだり、弱って点滴をしていた方が歯の治療をしてしっかりと食事ができるようになるとみるみる元気になっていくということはあります。


力を入れる時に奥歯を噛みしめる、しっかり噛める人の方が力が出るので、運動選手は噛みあわせの治療をする、という話は聞いたことがあると思います。
噛みあわせを矯正したら肩こりや偏頭痛が治ったという例もあります。


この8020運動では自分の歯が望ましいのですが、
入れ歯であってもしっかりと噛むことができれば効果は同じであると言われています。

逆に自分の歯であっても噛みあわせが悪かったり、痛みなどがありしっかり噛めないのであれば効果はない、と言えます。


さらに噛むためには歯だけでなく顎も必要になってきます。
固いものを食べた時に顎が疲れた、と言うことはありませんか?
顎や頬も筋肉なので、使わなければ弱ります。歯を保てていても噛めなくなるのです。

antiageing-8.jpg


鍛えましょう。使いましょう。たるみも防止できます。


歯も顎も栄養も、内臓も全てがそろっての健康です。

何事においても、一つだけが良くても意味をなさない、様々なことが重なり合って、影響しあって上手く回っていくということですね。
いつも言ってます、バランスが大事。

ぜひ、この機会に上記のパンフレットにじっくり目を通していただいて、自分の歯で噛んで食事ができるということがどれほど幸せなことなのか。
暦の上ではもう秋の夜長に想いを馳せてみるのはいかがでしょうか。


と、ふわっと綺麗にまとめたみたいな感じで本日はお別れいたします。
またお会いする日まで、どうぞ健康にお過ごしくださいませ。




今回更新日は、平成26年9月3日
次回予定日は、平成26年11月5日




posted by YORKBELLスタッフ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフブログ