2014年10月29日

福永のブログ

ok - コピー.JPG



『MicroSoftの野望』


私のお題目はアプリについてなのですが、今回は、Microsoftの新OS、Win8について語らせてもらいます。
このOSの一番のセールスポイントはタッチ操作にありますが、インターフェースの変換は世間にとても大きな影響を与えます。

windows95が発売されて世界は変わりました。
ひょっとするとwin8が世間に受け入れられると、更に世界が変わるかもしれません。


インテルの創設メンバーの1人でもあるムーア博士が提唱した「半導体の集積密度は18〜24ヶ月で倍増する」という法則があります。


パソコンの中枢部分にCPU(中央演算処理装置)という部品があり、この部品がパソコンの情報処理能力のもとになるわけですが、この部品の進化は、まさにその勢いでした。

prosessa.jpg


しかし最近、その勢いが衰えてきています。

純粋に技術的に難しくなってきているということもありますが、
一般むけのCPUにそこまでの高性能が必要であるかという問題、
集密化しすぎた為にCPUから高熱が発するという問題(その排熱対策がおいつきません)、
消費電力の著しい増加等があります。


そうなると、そこで大きな問題が生じます。


パソコンの演算能力上がらないと、買い替え需要が起こりません。
多くのパソコンハードメーカーが困ってしまいますし、MicrosoftもOSが売れないと商売になりません。

そこで世界最高の頭脳を集めた会社は考えました。

Microsoft.jpg



一つ目は、ロースペック化する代わりに、小型化、発熱及び電力消費量を抑えた、新プロセッサAtomシリーズの発売。
(ロースペック化とはいえ、4年前のパソコンに同等する能力です。)


二つ目は、パソコンのインターフェースの進化です。

もともとパソコンは、マシン原語を入力しその命令により処理をさせてきたわけですが、それをアイコンをクリックすることで命令を実行することのできるWindowsを発売したのがMicrosoftです。
(ジョブズのアイデアを盗んで先に発売したんですが)


そして現在のOSのWin8ですが、画面のアイコンをスマホの様に指でタッチすることにより命令できるようになっています。

win8-1.jpg


画面をさわってパソコンを操るかっこいいCMが最近よく流れています。



そのCMで、実はMicrosoftは、こう言っているのです。

「あなたのパソコンモニタはタッチパネルに対応していますか?
タッチパネルに対応したモニタを持っていないあなたは、CMのようにパソコンを操ることができない次代遅れの人間ですよ。時代に乗り遅れないためにも、今すぐあなたも最新OSのWin8を搭載したパソコン本体と、Win8の能力をフルに活用できるモニタを購入すべきです。」と。
Win8の能力を体感するためには、モニタを買い換えないといけないということです。

なんと傲慢な態度でしょうか。まるでムスカ大佐のようです。

musuka.jpg



しかし、今後パソコン会社が生き延びていくために、インターフェースの更なる進化が必要になると思われます。

ここに、他のハードの小型化が絡んでくると何年かのちには、音声入力式の腕時計型のパソコン、ヘッドマウントディスプレイ型のパソコン。。
果ては、脳内にコンピューターチップを埋め込んで処理能力を上げる等の事が、漫画の世界の出来事とは言えなくなってきました。


僕が子供の頃には「現実は鉄腕アトムの世界観に近づいてきている」と言われていましたが、今や「マトリックス」や「JM」(これもキアヌ・リーブス主演で、ビートたけしが共演です。サイバーパンクものとしては傑作です)の世界が現実となりつつあるのかもしれません。

まあ、マトリックスの世界では、人類はコンピューターに支配され、大部分の人間は培養されているという悲惨な状態でしたけど・・・・・・




今回更新日は、平成26年10月29日
次回予定日は、平成27年01月07日




posted by YORKBELLスタッフ at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフブログ

2014年10月22日

告知のブログ



2014-09-04 13.07.00[2].jpg



2014-06-14 09.59.17[2].jpg



今回更新日は、平成26年10月22日
次回予定日は、平成26年12月24日(←イブです♪)



posted by YORKBELLスタッフ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフブログ

2014年10月15日

西岡のブログ



この度「グルメ担当」から「エリア担当」に昇格しました西岡です!

今までのグルメレポート同様に、お勧めな物やお店を紹介していきたいと思います。


リニューアル第1弾として、今回ご紹介するのはお化粧品♪
私実は化粧品の旅人でして(笑)今まで色々な物を試してきております。


その中でも、ご縁あって知る事が出来た「ヒノコスメティックス」さん!
開発されたヒノコさんは、肌荒れがひどくて治したい一身で作られたそうです。(詳しくはこちら
先日お会いしたんですが、昔そんなひどい肌ってどこが???という感じのお肌!


こりゃ試してみるしかないでしょ!とコッソリ気になった3点を注文!

クレンズ.jpg

左から
化粧水「hinokoC」
クレンジング「hinokoCLENSE」(この2点はトライアル用の小さい分)
角質クリーンジェル「hinokoR+」




早速届いた箱の中には、注文時に気になるところは?の対処方法が手書きのメッセージとして同封されていて嬉しかったです♪
こういう通販は、事務的な印刷文しか同封されてないパターンの中手書きのメッセージはかなりインパクトありました。


使い心地ですが、
角質クリーンジェルは、ピーリング系はすぐ肌が赤くなる私ですが、これは大丈夫!

クレンジングは、私はそもそもフルメイクしていないので、ちょうどいい感じ。クレンジングというより洗顔料系かな?と・・・

化粧水は、化粧水パックした後、とても肌の調子が良くなりました!
けど無香料で少し私には匂いが気になるかな?
角質クリーンジェルの匂いがとても気に入ってるので、ぜひぜひ化粧水にも入れて頂きたいと思ってます(笑)


まだまだご紹介出来てないお化粧品盛りだくさんなので気になった方は一度、お試し(トライアル用もいろいろありますよ)ください!おすすめです♪



ヒノコスメティックス
http://hinocosmetics.shop-pro.jp/




今回更新日は、平成26年10月15日
次回予定日は、平成26年12月17日


posted by YORKBELLスタッフ at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフブログ

2014年10月08日

武田のブログ




武田です。
「スポーツの秋」ということで、いっちょ語ってみましょうか。


P1130183.JPG


「走ることについて語るときに僕の語ること」 
村上春樹著 文春文庫刊 2010年発行




おっと。




ひょっとして題名だけでドン引きですか???

もし今の皆さんの気持ちに題名なんてものがあるとしたら、

「走ることについて語られても迷惑。。。」

って感じでしょうか。


でも大丈夫です、今回僕は「走ること」について語りません。




さて。話の前に、小説家村上春樹さんのことを少し。
彼の存在は文壇だけでなく、間違いなく全世界の著名人の中でも異色。

”読みやすいのにとても難解”
他の作家と比べて書評が多いのも、その世界観が容易に理解可能なものではないという証拠です。

彼の小説を少しでも読んだことある人ならお分かりと思いますが、登場人物の年齢、身長、出身地、はたまた性的表現とか偏差値とか、具体的数値で表現されていることはきわめて少ない。
そういった生々しいことは全部読者に想像させるのが「ハルキスタイル」です。
そして「ハルキワールド」と呼ばれる独特の透明で滑らかな文体は世界中で翻訳され、今なお増え続けています。


一方で、プライベートはほとんど明かさない超秘密主義。

また、”毎年ノーベル文学賞候補にノミネートされながら受賞できない”ことが、彼のステータスにもなっているというパラドックス。
世界中の読者はみんな、どこかもどかしくて突き抜けない彼の次の作品を待ち焦がれています。

僕個人としては、
この人と同じ時代に生きている奇跡に心底感謝しています。
おそらくそれくらい何か重要な意味を持つ人のはずです。
彼の存在には何かしら世界の底流を変える意味合いが含まれていると思います。




そんな異色な存在の彼が、
この本に限っては、とてもリアルに等身大でまともな彼自身を描き出してくれています。自らを「走る小説家」と名乗る今回の著者の語り口は、いつもの小説的なものとは明らかに違い具体的です。

例えばフルマラソン完走タイムについて質問しても、「いつもの凡庸なタイムよりは幾分ましだった。」とか言いません。
「3時間を切ったのはずいぶん久しぶりだ。」といったリアルな表現に置き換わります。(正確なタイムは言いませんが。)
でも、これは彼のファンからすればすごいことだと思います。とっても赤裸々で、ちょっぴり恥ずかしい春樹さんの姿が垣間見えるわけですから。
また、そういったことを語るには著者自身少なからず勇気がなければ書けないだろうと素直に納得してしまいます。
この本は、マラソンやトライアスロン完走がどうのこうのと語る本ではありません。

ある日突然小説家になると決心して、小説家を続けていくために生身の身体を通してどんなふうに自分を高めてきたか、------読者や辛辣な批評家、あるいは小説そのものと向き合いながら。------その解を、真剣に走ることでフィジカルに考えていこうとする決意を告白している本だと思うのです。

彼のことを深く知るための貴重な手掛かりとしてオススメの一冊です。



最後に、この本の終盤、僕が気になった文章を引用して終わります。

 「結局のところ、僕らにとってもっとも大事なものごとは、ほとんどの場合、目には見えない何かなのだ。そして本当に価値のあるものごとは往々にして、効率の悪い営為を通してしか獲得できないものなのだ。たとえむなしい行為であったとしても、それは決して愚かしい行為ではないはずだ。僕はそう考える。実感として、そして経験則として。」(一部省略)



「走ること」について僕は語らなかったでしょ。
今回、文中にハルキ的表現をいくつか散りばめてみました。
みなさんもたまには好きな小説家になりきって語ってみてはいかが?




今回更新日は、平成26年10月08日
次回予定日は、平成26年12月10日





posted by YORKBELLスタッフ at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフブログ

2014年10月01日

岡元のブログ




本日より10月!

弊社も本日より期がかわり、心機一転ムード。

お正月や誕生日、入社日などのタイミングは、
新鮮な感じというか、初心にかえるきっかけになる感じがとても好きでして。




ということで、今回紹介する方は、
この業界もまだ2年目になったばかりのニューフェイスをご紹介!

2014-09-18 10.59.07.jpg

彼の名は、北村さん!26才!
(※写真は、職人さんの手が足りず自分で何とかして工期を死守してたところを盗撮しましたっ)


縁あって九州から来阪し、昨年の夏にガス屋さんへ就職。


今春に現場から営業になったのですが、
初対面の時、僕は正直”年上”だと思いました。
それくらい落ち着きがあり、人柄もよくて、すぐ仲良くなりました。



僕は自分で言うのも変ですが、自分の体力ギリギリまで頑張ってるつもりなんですが、

北村さんは、そんな僕でも全然歯が立たないというか、
例えるなら、テニス世界一を目標にしてた子が、全国大会で錦織選手と対戦したみたいな感じ??でして。


いつも元気で、フットワークも軽くて、熱いんで、
先日初めて『Let's飲み二ケーション』をしたんですが、酔っても変わらず謙虚でした。

会社や上司をとても尊敬してるし、目標にしてるし、上昇志向もあるし、嫌味もないし、お客様とのコミュニケーションも上手だし、ほんとスゴイと思ってまして。
僕もまだまだの6年目ですが、北村さんから熱意をあびるたびに初心にかえる、そんな感じがしています。


弊社は今年で創業45年目ですが、やはり長く続く会社には、いい業者さんや職人さんがとても多いです。

ただ、たくさん業者さんは知ってますが、同世代は5人くらいの数えるほど。
この業界はやりがいがあるので、どんどん若い人に入ってきてほしいのですが、なかなかいないのが建築業界の現状。

北村さんたちと切磋琢磨しながらどんどん盛り上げいきたいですし、
僕らよりさらに若い新卒の人たちも入りやすい業界に変えていきたいと思ってます。

最後はまたまた告知で終わりますが、
そんな就活の窓口としても使命感に燃えてますので、
おかもとくんHPをまだみてない方は、ぜひチェックしてください!
http://www.okamotokun.jp/





今回更新日は、平成26年10月01日
次回予定日は、平成26年12月03日




posted by YORKBELLスタッフ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフブログ