2015年01月28日

坪茶のブログ



前回は世界的建築家A先生との出会いについて書いてみましたが、今回はその後のエピソードを少し書いてみたいと思います。


さて。何とか打ち合わせもスムーズに進みだし、現場が始まりました。
とはいえ、初めて任された現場です。不安も多少ありつつ、やる気もそれなりに沸いていました。


A先生といえばRC造、RCといえばA先生というくらい有名ですが、当時からA先生はRC大好きで、この現場もRC造でした。
現場は2つの住宅を渡り廊下でつなぐ形になっており、事件はその渡り廊下で起きました。


コンクリートで出来た手すりの天端を仕上げていると、
いきなり現場にやってきたA先生は、来るなりその手すりを見て「キレイすぎる!!」と激怒。
「お前はオレの建物になんてことしてくれるんだ!」と続けて怒鳴り、そばにあったコンクリートのスペーサーなどが入ったバケツを蹴飛ばし暴れだしました。

私はその言葉と態度にカチンと来ました。
まず、なぜキレイで怒られるのか。
そして、仕様書に仕上げ方は目荒しと指示がありましたが、まだ作業中。私はA先生に「まだ作業中ですから、仕上りを見てから言って欲しい」と強く訴えました。

すると、A先生はその手すりに頬ずりをするような仕草をしながら涙を溜めだし、「なんてことしてくれるんだ〜」と泣き始めました。


それを見た私は一瞬、呆気にとられましたが、
同時に、『この人には勝てない。私はA先生ほど仕事に対する情熱は無い。』と思いました。
しばらく是正が続きましたが、最終仕上りを見て、「これでいい、これでいい。」と笑顔になり、安心したように「あとも頼むぞ!」と、手を振り帰っていきました。

ホッとしていると、隣家のおばちゃんが出てきて「何ですか?あの人は?」と、怒られた私を慰めるように「ウチでお茶でもどうですか?」と誘ってくれました。
現場では、苦しい事や嫌な事も多いですが、隣家のおばちゃんのおかげで、この思い出も心温まる思い出のひとつになりました。




でも今振り返ると、あの涙は手すりへの不満でなく、バケツを蹴った足が痛かったんじゃ??なんちゃって笑






今回更新日は、平成27年01月28日
次回予定日は、平成27年04月01日




posted by YORKBELLスタッフ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフブログ

2015年01月21日

瀬脇のブログ


今週は瀬脇が担当させて頂きます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。



前回は大相撲について書かせて頂きましたが、今回はタイムリーな話題でテニスについて。


今週よりテニスの全豪オープンが開幕しました。当然、数々の歴代記録を昨年塗り替えた錦織選手に注目が集まっています。

そもそも私がテニスを観るきっかけになったのは、中学生の時の全英オープン(ウィンブルドン選手権)。
みなさんもよくご存知の松岡修造選手が、日本男子プレーヤーでは62年振りのベスト8に進出した時でした。
テレビ中継は夜中にやっていて、兄と一緒に観戦していたのを、今でもよく覚えています。

ベスト8で対戦した選手は当時世界ランク2位のサンプラス。ウィンブルドンは何度も優勝経験のあるアメリカ人選手でした。
「勝てないだろう」と当面の予想通り負けはしましたが、気迫のプレーで1セットを先取した時は、かなりの期待感を感じたのを覚えてます。

それまではテニスをすることはもちろん、観ることすらなかったので、松岡選手の事もニュースでたまに見る程度でした。
今では「暑苦しい」キャラですが、当時は「この選手かっこいいー」と思っていました(汗)



テニスの面白さは、まずサーブ!
フォールトにならないギリギリを狙ったエースが決まった時の爽快感や、
相手を翻弄するドロップショット!(決まらない場合はかなりリスクのあるショット)
パワーショットはもちろんですが、技術的な要素や駆け引きも観ていてとても面白いです。
男子選手はサーブのスピードが速く、エースになることが多いですが、そんな中での長いラリーも、もちろん見もの!
ラリーを制した選手が派手にガッツポーズをする姿は、観ていてかなり興奮します!

錦織選手の登場で、テレビ観戦出来る機会も増え、
ゴルフ界を盛りあげた石川選手の様に、テニス界も盛り上がっていくでしょう。


ただ、やはりどのスポーツもですが、頂点まで行く日本人選手は人格者が多く、そういった点でもとても尊敬できます。

錦織選手の場合は、
錦織選手と同時にマイケルチャンコーチにも注目が集まっています。


コーチは錦織選手に基礎練習を徹底的に反復させたと同時に、メンタル面が弱いとされていた錦織選手に対し、

「『優勝するのはお前じゃない、俺だ!』
という気持ちがなければ、戦う前に負けている。
過去の実績なんて試合には関係ないんだ。」と。


ほかにも数々の名言がありますが、
「戦う前に負けている。」本当にその通りだと思います。

いかに作戦を立て、
いかに準備をするか。



仕事に置き換えると、「打ち合わせする前に負けている。」

夢のマイホームに対し
いかにお客様のストーリーを立て、
いかにお客様の立場をイメージして準備するか。

やっぱりスポーツからは学ぶことが多いですね!



昨年の全米オープンは惜しくも準優勝でしたが、
今年こそアジア人初のグランドスラム優勝!錦織選手を楽しみにしたいと思います。




4a678c64-s.jpg





今回更新日は、平成27年01月21日
次回予定日は、平成27年03月25日



posted by YORKBELLスタッフ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフブログ

2015年01月14日

事務員ブログ


新年あけましておめでとうございます。
昨年中は初めまして、本年もどうぞよろしくお付き合い頂ければ幸いです。
皆様のご健康と益々のご発展を祈って、事務員のお話を続けていくことをお約束いたします。


さて、皆様お正月はいかがお過ごしになられましたか?
お節料理はご用意されましたか?


大晦日でも元旦でも買い物ができて何でも手に入る現在では、
お節料理を作るなんて考えただけでもゾッとするし、
子供受けも良くないし、
っていうか神様なんていないし、
超面倒くさいんだけど〜
と、用意されないご家庭も増えてきているようですが、


お節料理とは、
一月一日に神様を迎え、新年の安寧を祈るお供えとして作られ、その神様がおられる3が日には炊事をしない(火を使わない)ために日持ちのする料理を作っておき、3が日はそれを食べて過ごすというのが古来からの習わしです。
近代においては正月の3が日くらいは、お母さんを食事作りから休ませてあげようという説明も加わっています。

oseti-1.pdf

そして、上図のように一つ一つの食材にも料理にも意味が込められています。



食事は栄養を摂るだけではなく、色々な経験、教育の場としての役割も持っています。ご家族で食卓を囲んで、こういった由来などを語り継いで行きたいものだと思います。


そして、普段なにげに食べている食べ物も、勝手に湧いてくる物ではなく、作ってくれているお百姓さんの事や、牛や魚などでも生命を頂いている事に感謝をして食べるということを是非教えてあげて欲しいと願っております。

温故知新という言葉がある通り、古いことを忘れることが新しいことではないのです。
フランス料理も作れて、お節料理も作れる、という方が格好良いと思いませんか?そこから、また和洋折衷の新しい物が生まれて発展させていくのでしょう。

何でもかんでも古い物に縛られるということではなく、時代とともに変わっていくことがあっても、神様と同じようにいつも家のことをしてくれているお母さんに感謝、という、根底にある精神は変わらず残っていくものだと思います。




ここまででもお疲れかもしれませんが、お節料理の勉強はまだまだ続きます。

oseti-tume.pdf

上図のようにお重の詰め方にも決まりがあります。
更に面倒くさいと思ってしまうのでしょうが、基本は何にでも通じることなのです。

例えば、部屋の収納や荷物の詰め方においても、形のつぶれないものを下にしたり、同じ箱には同じ種類の物、仕切りを作ったり。


仕事も同様ですが、基本をおさえていれば、どんな応用もできるのです。
細かく、一つ一つこの料理はどこに詰めると覚えていなくても、これは柔らかいから一番手前、と正解でなかったとしても大きくは間違わないものです。
逆にいうと、基本を知らないと間違えた(忘れた)ときにどうにも修正できないのです。

一つの料理において、砂糖を入れて酢をいれるという順番しか知らないと他の料理はできませんが、いわゆる「さしすせそ」を知っていると個々の料理において覚える必要がないのです。

毎回言いますが、全ての何やかんやはバランスです。
古いだけでも新しいだけでもダメなのです。




年末から新年にかけて、ハロウィーン、クリスマスとありましたが、これらのイベントの本来の意味を知らずにただのお祭り騒ぎになってしまっていると感じて、日本のお正月についても考えてみました。

食事というものは各国の文化の象徴でもあるのです。
表面的なことだけを見ずにその根底にあるものを見る目を養っていきましょう。

えっ、本年も初っぱなから説教くさい?そうですか??
ありがとうございます。


では宿題です、ハロウィーンとクリスマスの意味を各自でお調べ下さい。




次回、答え合わせは、ありません!!






今回更新日は、平成27年01月14日
次回予定日は、平成27年03月18日




posted by YORKBELLスタッフ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフブログ

2015年01月07日

福永のブログ

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いします。早速ですが、始めます。


『Microsoftの逆襲』


前回は『MicroSoftの野望』として、Microsoftがいかに傲慢で人でなしな商売をしてるかを語りましたが、私がMicrosoftのことが嫌いかといえば決してそんな事はありません。
それどころか、大好きなのです。
ビル・ゲイツはAppleのジョブズに比べると、天才の閃きという点では劣りますが、ずっと安定していて常識人です。そして世界一のお金持ちです。


以前、MicrosoftがWindowsとIEとOutlookの抱き合わせ販売で訴えられましたが、そんなのは司法が間違えているのです。
OSは新しくなる度に、延々とアップデートを繰り返さなければいけないですが、それはいい加減な商品を見切り発車で販売しているのではなく、ユーザーの皆様に少しでも新商品を早くお届けしたいという気持ちが強すぎるからです。

MicrosoftのサポートはAppleに比べればかなり劣りますが、
日本国内のメーカーに比べれば雲泥の差ですし(○芝のHDDレコーダーのサポート対応は最低でした)、中国のメーカーのサポートとは比べる事も出来ません。

とにかく、Microsoftは最高の企業です。
『MicroSoftの野望』を書いて以来、自宅のデスクトップPCの調子が日々悪化し、ついに起動しなくなった事にビビッた訳ではありません。
ひょっとしてあのアップデートの時にMicrosoftからの制裁を受けたのでは・・・と思ってなどいません。
断じて違います。
えー違いますとも。
馬鹿なことを言ってはいけません(汗)


確かに携帯電話はiphone3Gの時から、3G→4→5→6plusと使い続けている、iphone信者です。
しかし、私はMicrosoft党なのです。

なぜならば、私はSurfaceProを持っているからです。


どうですか?
これで私がApple信者ではなくMicrosoft党なのがわかって頂けたと思います。

これからSurfaceProの素晴らしさについて皆様にご説明をさせて頂くので、ぜひとも購入して頂きたいと思います。
(そして私のデスクトップPCが治ることを祈ります。)



まずSurfaceProとはなんなのか?
surfacepro.jpg


それは、MicrosoftがこれからのPCとはこうあるべきだと世界に問うた、Win8を搭載したタブレットPCです。

Appleは昔から自社製のOSが搭載したPC本体は、自社で製作した製品のみとしていましたが、
MicrosoftはOSは自社で、PC本体は他社で製作としてきました。

しかし今回、初めて自社でPC本体まで製作しました。
この点からもMicrosoftがこの商品にかける意気込みが解ります。


そして、通常タブレットPCといえば7インチですが、SurfaceProは10.6インチと12インチの2つあります。
明らかにタブレットPCとしてはオーバーサイズですが、Microsoftとしては小型のノートPCという位置づけなのと思います。


サイズだけではなく、CPU、HDD容量等がタブレットPCとしてはオーバースペックの物が使われています。
その点からも、これからのノートPCはこうあるべきだというMicrosoftの主張が感じられます。



しかし、スペックを上げすぎたあまり生じた弊害があります。

まず、デカすぎます。
気楽に鞄に突っ込んで持ち歩くタブレットPCとしては大きすぎます。

その次に重たいです。
ノートPCとしては軽いのですが、タブレットPCとしては重たいのです。

そしてタブレットPCなのでキーボードが付いていません。
スマホの様に文字入力にはスクリーンキーボードというものがあるのですが、画面の半分ぐらいを使う為、非常に使いにくいです。
オプションでキーボードも売っているのですが、1万円以上します。

それとUSB端子が1つしかありません。
マウスを繋ぐと端子の空きが無くなります。
その為のタッチディスプレイだと言われそうですが、慣れていないのでとても使いにくいです。
私はその為にBluetoothのマウスを買いました。4千円位しました。

そして一番の問題が、SurfacePro3が販売された時に、SurfacePro1の余剰商品がほぼ半額で売り出された事です。
発売と同時にSurfacePro1を買った人はさぞ怒っていると思います。私は半額の時に買いましたが、それが何か??


以上、色々と欠点を書き連ねましたが、素晴らしい点があります。

皆がSurfacePro1に不満を持っていた点が、SurfacePro2では改善されました。
SurfacePro2での不満点がSurfacePro3で改善されました。この企業努力は素晴らしいと思います。


最初のコンセプトがおかしかったので、購買層が限られてしまいましたが、私のようなガジェッターとしては大変面白いおもちゃです。
いまだ10万円以上するSurfacePro3は高価すぎますが、7万円ほどで買えるSurfacePro1、2はお勧めです。
ただし、キーボードと、Bluetoothのマウス、持ち歩くのであればカバー、スクリーンに貼るシート等の費用が別に必要です。

最後に1つ。
WinXPが発売された当時、クソOSと酷評されました。やっぱりWin2000が最高だといわれました。
しかし、昨年WinXPのサポートが終了された時に、非難の声が起きました。何故あんなにいいOSを廃棄するのかと。
それだけOSが安定し、熟成されるのには時間がかかるのです。


Win8がWin8.1になり大変使いやすくなりました。
しかしまだまだ不満点が多いです。
その点を考えると、おもちゃとしてではなく母艦として使うのであれば2〜3年待ったほうがいいかもしれません。

2〜3年待ったらもっといい物が出ているかもしれませんが(笑)

2.jpeg





今回更新日は、平成27年01月07日
次回予定日は、平成27年03月11日







posted by YORKBELLスタッフ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフブログ